憧れの庭をご紹介(ターシャ・テューダー、ビアトリクス・ポター)

2 min
ビアトリクス・ポターの家

お庭を作る上で、憧れの庭って大切だと思います。

こんなお庭があったらいいな、が、ガーデンワークの励みになります。

私達が憧れている庭をご紹介します。

ユキコ

ユキコ

お庭だけでなくて、その世界観、また素敵なオーナーの魅力に虜です❤

憧れの庭

私達のあこがれる2つの庭は、とても広くて、いずれも、日陰の庭ではないけれど、心を動かされる、感動するお庭です。

そしていずれも、絵本作家さんが持ち主でした。

ターシャの庭(Tasha Todur’s Garden)

世界中のファンを魅了する、アメリカのカリスマガーデナー、ターシャ・テューダー。

私達は、ターシャの庭に大の憧れを抱いています。

気候は違うし、ターシャのような腕もセンスもないし、テスのように、何でも作ってくれる大工さんもいないけれど、植物への接し方や庭造りへの深い思いなどに強く感動するし、見ているだけで幸せな気持ちになります。

created by Rinker
¥3,850 (2021/09/27 01:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

写真集も素敵だけれど、ガーデナーとしては、映像が見逃せません。私はNHKで見てから、大好きになり、何度も見返しています。

created by Rinker
¥4,308 (2021/09/27 01:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

今現在、ターシャの森は、孫夫婦に引き継がれていて、ひ孫のエリーとケイティが犬や鶏と一緒に、大自然の中で育っています。

2021年現在、『ターシャの森から』という番組名でNHKでシリーズ放映されていますので、要チェックです。

国内にもあった!ターシャの庭

岐阜県可児市の公園『花フェスタ』に、2005年、伊藤左紀子さんはじめ有志の方々によるターシャの庭がリアルに再現され、運営されていました。

直接ターシャのバーモントの家を訪れ、生前のターシャと交流され、ターシャ本人に了解をいただいてできた、本物のターシャの庭なのです。

私の実家に近いため、帰省時には必ず足を運んでいましたが、毎日行きたい、いつまでもそこにいたい、という魅力的な場所でした。

また、夏には近辺の街が最高気温を記録するような、灼熱の土地で、その土地にあった植物で、ターシャの庭がつくられていることに感動しました。

▼2019年11月に行ったときの写真です

しかし大変残念なことに、コロナ禍の2020年10月にクローズとなりました。最後に見納めに行くことができなかったことが、とても残念です。

もっとたくさん写真をとっておけば、実家の庭造りの役に立ったのに、、と後悔しています。

ビアトリクス・ポターの家(Hill Top)

ピーターラビットシリーズの著者として有名な、ビアトリクス・ポター。

ポターが晩年、イギリスの湖水地方で暮らしたお家のお庭もとても素敵です。

私は、このポターという人の生き方、自然を守る姿勢が大好きです。

▼素敵すぎる映画、ミス・ポター。美しい自然にうっとり。レネー・ゼルウィガーも最高。

大好きが余って、一人旅にも出かけました。湖水地方に二泊して、地元のツアーに参加し、ポターの家を2度も訪問して、とにかく満喫しました。

また、お庭だけでなく、ポターが絵本の印税で購入したこのエリア全体が、ナショナルトラストによって管理されている、とても美しい場所です。

ぜひ、旅行の行き先としておすすめしたいです。

個人旅行で行かれる場合は、予めツアーを予約して訪問されることをおすすめします。


以上、憧れのお庭のご紹介でした。

ご参考いただければと思います。

関連記事

2 件のコメント